在宅医療について
在宅医療とは? 住み慣れた家が1番の療養
「住み慣れた自分の家で療養したい」 「できれば最期までの日々は、思い出深いわが家で、自分らしく過ごしたい」 在宅医療は、そのような患者様の想い、ご家族の想いから始まります。

しかし、自宅での療養生活は、どのような準備が必要なのか、急に容態が変化したときにはどうすればよいのか、不安も大きいことと思います。私たちはそのような患者さま、ご家族さまの想いを受け、医療の側面から支援します。

在宅医療とは、医師のほか、訪問看護師、薬剤師や理学療法士(リハビリ)等の医療関係者が、患者様のお住まいに定期的に訪問して行う、計画的・継続的な医学管理・経過診療のことです。

わたしたちはそれに加えて、ケアマネージャーやホームヘルパー、薬局などと連携しながら療養生活全般を支えます。
診療内容
多様な患者様の状態に対して適切な医療を提供できるよう、複数の専門医により、様々な病気や怪我に対応できる診療の体制を整えております。
日常診療に加え、以下の処置等が可能です。

安定した呼吸のために

・在宅酸素療養 ・在宅人工呼吸器

栄養摂取のために

・胃ろう交換 ・経鼻経管栄養
・腸ろう交換 ・在宅中心静脈栄養

排泄のために

・膀胱留置カテーテル ・ストマケア

苦痛の緩和のために

・麻薬処方 ・腹水排液
・携帯型精密輸液ポンプ管理

身体機能向上のために

・リハビリテーション指導

床ずれ治療のために

・じょく創処置

主な診療対象者

対象となる方

◯継続した治療やお薬が必要であるが、身体的にお一人で通院が困難な方
◯認知症で通院が困難な方
◯ご自宅での医療を必要とされる方
◯入院や通院が困難な方
◯脳梗塞などにより、身体機能が低下されてしまった方
◯障害をお持ちで自宅での治療が必要な方
◯注射・点滴などの特別な医療処置が必要な方
◯胃ろうや中心静脈栄養・経営栄養にて栄養を摂取されている方
◯インスリン注射が必要な方
◯褥瘡(床ずれ)の処置が必要な方
◯癌などで自宅での痛みの緩和が必要な方
◯在宅酸素療法が必要な方
◯人生の最後をご自宅で迎えたいとお考えの方
◯バルーンカテーテルを留置されている方

主な症状

脳血管障害後遺症、多発性脳梗塞・脳血管性認知症
アルツハイマー病およびその他の認知症
老人性運動器疾患(骨粗鬆症、圧迫骨折、変形性関節症、
大腿頸部骨折)および関節リウマチ
神経難病
悪性腫瘍末期
慢性呼吸不全
慢性心不全
慢性腎不全など
合併症を伴った糖尿病
じょく創
老衰など

訪問診療費 在宅医療ってお金が掛かるのでは?
負担額が1割の高齢者の場合、定期訪問と24時間対応の費用を合わせて約7,200円、3割の方ですと約21,600円です。後期高齢者の方は医療費負担の限度額が設けられています。一般の方でも申請をすることで高額医療費に該当する場合、医療費の返還制度があります。
対 象 負担割合 標準負担額 負担額上限
前期・後期高齢者 1割 約7,200円 14,000円
2割 約12,000円 14,000円
3割 約21,600円 57,600円
一 般 3割 約21,600円 高額医療費による返還
※お薬については院外処方となりますので薬剤費は別途必要となります。
※医薬処置や各種検査を行った場合、予定外の往診があった場合などでは標準負担額に加算されます。
医療法人光輪会|パンフレットダウンロード
関西版DOWNLOAD
ダウンロードボタン
関東版DOWNLOAD
ダウンロードボタン
PAGE TOP