光輪会の想い
イノチでみつめる。ココロでみつめる。 患者様、ご家族さまによりそう治療
医療法人光輪会は、在宅療養支援診療所として、2004年に設立されました。
そして、患者さまの健康をお守りするため、医療を提供し続けてきました。
超高齢化社会を迎えている日本にとって、今や在宅医療は、医療の最前線とも言えます。
その最前線に立つ我々は、常に患者さまと真摯に向き合い、
患者さまとご家族さまに寄り添った診療を行っています。
光輪会の安心 24時間365日、みつめる。
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
詳しく見る
関西及び神奈川県を中心に個人のご自宅や介護施設へ訪問診療を行っております。
光輪会ではチーム医療を大切にし、関西で9名、関東で2名の常勤医師が在籍しており、主治医が対応できないときでも他の医師のバックにより万全なサポートをお約束いたします。
また、常勤看護師による24時間対応のコールセンターを設けており、医師や看護師がいつでも出勤できる体制を整えておりますので非常に安心してご利用頂けます。
近隣の病院、居宅介護支援事業所、訪問看護ステーションとも緊密に連携して、皆さまに寄り添い、より良い診療サービスをご提供を可能にしております。
看護師たちの想い 患者様に、ご家族に安心を届ける看護。
私達、光輪会の看護師はご自宅や施設で過ごされる患者さまだけをサポートするのではなく、ご家族さまや施設のスタッフさまの相談や疑問を親身になって受け止め、不安な状況の際は寄り添いケアいたします。
患者さまを取り巻く他職種の方と密に連携し、患者さまを支える医療チームとしてその人の望まれる生活維持の方法を在宅医療の中で実現できるよう、看護師が中心となり患者さま、ご家族の思い、医療チーム考えをつなぐ橋渡し役を担い「その人の生きる」を支えていけるよう日々努力しております。
「その人がどう生きたいか」「どのような治療を選択したいか」の決定が患者さま、またはご家族さまの気持ちを表出できるように支援いたします。
患者さまの生活背景に着目し、患者さまの大切にしていることは何かを敏感に感じとり人生における生活の質を最優先できるような看護を実践していきたいと考えております。
また「先生にはなかなか緊張して話しにくいな」という患者さまやご家族さま、施設スタッフさまのよき話し相手、相談相手となり、皆さまとコミュニケーションをはかり「安心」を感じて頂けるような看護に取り組んでまいります。
医療法人光輪会|パンフレットダウンロード
関西版DOWNLOAD
ダウンロードボタン
関東版DOWNLOAD
ダウンロードボタン
PAGE TOP